社会福祉法人 寿考会

幅広い世代の方々お一人おひとりのそれぞれの在り方を尊び、福祉活動の実践に努めてまいります

社会福祉法人寿考会

寿考会とは

About us

 社会福祉法人寿考会は、昭和46年(1971年)に設立創業されました。神奈川県の南西部に位置する二宮町を中心とする地域福祉の充実を図ることを目的として、同年に軽費老人ホーム二宮寿考園を開業し、その5年後昭和51年に保育所みちる愛児園を開業しました。

高齢の方々が安心して充実した生活を送ることができる住まいをご用意し、就学前の子どもたちを預かり、子どもたちの保護者の方々の仕事と子育ての両立のお手伝いをすることが出発点です。また、この両施設が隣り合うことから、高齢の方々と子どもたちとの世代間の交流の機会を図ることも大きな役割としており、これが寿考会創業の原点でもあります。
 
 日本は20世紀半ば以降の長い平和な時代が続いた結果、「少子高齢化」や「人口減少」という社会構造の大きな転換期を迎えています。私たちはまったく未経験の大きな社会変化に向き合っていかなければなりません。 けれども、それは同時に「長寿社会」という恩寵を受けとめていくことにもほかなりません。
寿考会は、これまで事業を続けてきた経験を基に、この「長寿社会」に必要とされる新たな地域福祉の創生を目指し、地域の人々や世代間の交流を深め、そしてつなぐ役割を担い、地域福祉活動の一端を担っていきたいと考えています。幅広い世代の方々お一人おひとりのそれぞれの在り方を尊び、福祉活動の実践に努めてまいります。


法人概要

Overview

所在地  神奈川県中郡二宮町富士見が丘二丁目19-11
代表者  里山 樹(さとやま たつる)
運営事業 ・軽費老人ホーム二宮寿考園(定員50名)
・保育所みちる愛児園(定員60名)
・保育所みちる愛児園駅前ナーサリー(定員20名)
・軽費老人ホームつぐみのおかコモンズ(定員36名)
・軽費老人ホーム湘南こいじシニアハイツ(定員52名)
・診療所湘南こいじクリニック
・二宮町学童保育(二宮/山西/一色)
・中里キッズクラブ(学童保育自主事業)
・子育てサロン・一時預かり(栄通り/中里)二宮町子育て支援拠点事業

法人沿革

History

昭和46年(1971年) 2月 社会福祉法人寿考会設立
昭和46年(1971年) 8月 軽費老人ホーム「二宮寿考園」開業
昭和51年(1976年) 4月 保育所「みちる愛児園」開業
平成16年(2004年)3月 老人居住介護事業所
ヘルパーステーション富士移管開業
平成19年(2007年) 4月 軽費老人ホーム(介護付ケアハウス)
「つぐみのおかコモンズ」開業
平成22年(2010年) 8月 老人居住介護事業所
ヘルパーステーション富士移管廃業
平成22年(2010年) 10月 「つぐみのおかデイサービス」
(地域密着型認知症対応通所介護)開業
平成24年(2012年) 4月 軽費老人ホーム
「湘南こいじシニアハイツ」開業
平成24年(2012年) 8月 診療所「湘南こいじクリニック」開設
平成28年(2016年) 4月 保育所
「みちる愛児園駅前ナーサリー」開業
平成29年(2017年) 4月 地域密着型認知症対応通所介護
「つぐみのおかデイサービス」休業
平成29年(2017年) 4月 「二宮町学童保育(放課後児童健全育成事業受託)」開業
令和元年(2019年) 4月 「二宮町子育てサロン・一時預かり(子育て支援拠点事業受託)」栄通り・中里開業
令和元年(2019年) 6月 保育所
「みちる愛児園中里ナーサリー」開業

ページトップ

Copyright © 2018 Jyukoukai. All rights reserved.